八ヶ岳・萌木の村〜セグウェイネイチャーライド

八ヶ岳2

山梨県北杜市高根町清里…というより、「清里高原」の方が馴染みがあるだろうか。関東や東海地方の避暑地として有名なこの地の「萌木の村」という施設の敷地を中心にツアーを開催しているのが、八ヶ岳アウトドア・アクティヴィティーズ(以下、八ヶ岳アウトドア)です。昨年11月に訪問した時のレポートです。

八ヶ岳アウトドアでは、セグウェイだけでなく、ネーチャーガイド、トレッキング、カヤックを始めとするアウトドアガイド系のプログラムが多数用意されており、複数名いるセグウェイのインストラクターも他のガイドと兼務しているとのこと。セグウェイのツアーは、2014年からというお話で、そろそろ2年目の営業が終了という頃の訪問でした。

予約がない!?

八ヶ岳2

萌木の村駐車場横のセグウェイ受付

当日は、朝9時30分からの日中開催のツアー「セグウェイネイチャーライド」に申しこんでいた…つもりだったのですが、現地に到着して受付へ行くと、事務所のなかの人に“???”というような反応をいただいてしまった。

私のところには、受付完了のメールは届いていたし、ホームページの残受付人数は減っていたので申込みはできていると思っていたのですが、ツアー側の認識としては予約受付されていなかったらしく、ツアーの準備もされていなかったのです。あわててメールの山から受付メールを探そうとしていたけれど、見つからなかった。ただ、空いているのは確かで、すぐに用意をしてもらえたました。

この経験からのアドバイスとしては、ネットでの予約の際は確認のメールが届いているか、予約サイトの人数表示がある場合、受付人数残が減ったかなど、念のために確認しておくことをおすすめします。セグウェイツアーは少人数で運営をしているケースが多く、見落としもありうるからです。そして、現地で紙または画面で予約のメールを見せることができるようにしておけば、万が一の時も予約をしたということがはっきり言えますので。

ツアーの様子

ツアー後半の林道

ツアー後半の林道

はじめは練習から。ひと通りしっかりと乗り方などの講習をしてくれるので、初めての方も安心です。

ポイントは、

  • 途中に公道区間があるためセグウェイの乗り降りができること
  • 狭い箇所があるため、しっかりとゼロ回転(同じ場所でUターンすること)ができること
  • 人が飛び出してくることがあるので急ブレーキの掛け方

あたりになるのではないかと思います。

講習が終わると、さっそくツアーに出発です。

ツアー前半は萌木の村の敷地内のガイドツアー、後半は周辺のペンション、別荘地の景色を走行となります。

ここのコースの前半は起伏があり、セグウェイの特性を十分に発揮(感じることの)できる、とても面白いコースと感じました。ただし、もし初めての方で怖さを感じる場合は、その旨をインストラクターの方にしっかり伝えたほうが良いと思います。

初めての方にはもう少しやさしいコースのアレンジを考えてくれると思いますが、私の乗ったコースだと、やや難易度が高い感じもしますので遠慮はいらないです。インストラクターの方にサポートしてもらいながらの乗車の方が安心ですし、状況によってはコースの変更を考えてくれると思います。

ツアー後半ののどかな風景

ツアー後半ののどかな風景

後半は急に視界が開け、八ヶ岳、南アルプス、遠めに富士山を見ながらのとても気持ち良いコースです。牧草地、トウモロコシ畑など、この訪問時期の秋と夏場ではまわりの景色も大きく変わるらしいので、季節を意識して訪問するのもよし!ですね。

コーヒータイム

その場でお湯を沸かしてコーヒーを。コーヒー以外も選べます。

そしてお楽しみはティータイム。全体の3分の2程度のところで山登り部門も受けもつアウトドアインストラクターが、その場でお湯を沸かしておいしいコーヒーを入れてくれます。きれいな景色を楽しみ、おいしい空気と、おいしいコーヒー、そして最高の乗り物セグウェイを楽しめるこのコースはとてもぜいたくなコースです。

早朝コースも開催されています。標高が高いところになるので、春、秋や早朝は手袋、ウインドブレーカーなど寒さ対策をしっかりしていくことをおすすめします。

2015年11月時点 2時間30分 8,000円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

八ヶ岳・萌木の村〜セグウェイネイチャーライド
この記事をお届けした
SegTabi.comの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!