セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(3)

柏の葉セグウェイ
セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(2)
セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(2)
受付と説明 受付は駅近くの柏の葉の街づくりの拠点、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)です。 ここで受付をしたあと...

ツアー進行上の制約と思われる項目

公道ツアーはまだ実証実験の段階でいろいろと制約が出てきます。自主ルールもあると思いますが、概ね警察との調整事項と思います。

すべての項目について確認していませんし、私が覚えている範囲の制約、そして私が他のツアーと異なる!とか、せっかくのツアーなのにもったいない!と感じたようなところはこんなところでしょうか。

  • 参加者は全員同色の衣類(ビブス)を身につけること
  • セグウェイは隊列走行をする。その前後にはインストラクターを配置すること。その他3名が自転車に乗って伴走(または先行伴走)し、信号、横断歩道や車の出入口の保安支援をする
  • 公道部分では、手を振るなどをしてはいけない
  • ららぽーと北館前の歩道は通行人が多いので走行禁止(建設当時はセグウェイ通行を想定していたらしいです)
  • 走行速度は上限6km/h

ツアーに参加して感じたこと

柏の葉公園

柏の葉公園(写真:かしロボツアー提供)

まず驚きはすべてボランティアの方で行われているツアーということ。セグウェイ大好きなクラブの方がボランティアで行われているので、まわりで準備をしている方も含めて、みなさんセグウェイが大好きなんですよね。そして手作り感満載です。

柏の葉は全国でつくば市に続く2カ所目の一般の参加者が乗れるセグウェイ公道ツアー。ウイングレットの東京臨海副都心、豊田市の公道ツアーをいれても一般の参加者が乗れるパーソナルモビリティの公道ツアーは4カ所目と思います。ここまでの道のりはたいへんだったと思いますが、千葉県、柏市、警察なども含め、とても好意的に支援をしてくれたとのことです。柏の葉で公道ツアー開催か?という噂は少し聞こえてきていたけれど、二子玉川より先に始まるとは思ってなかったのでびっくりでした。

公道で子どもたちが手を降ってきても振り返していけない(柏の葉公園内はOK)など、セグウェイに乗っていたら普通に出てしまう動作まで制限されてしまっている、まだ自由度が少ないツアーですが、実績とともに自由な範囲が広がっていくといいなと思います。まずは安全を優先にしっかりとツアー運営をして、さらに良いツアーにしてもらえること期待しています。

それから、走行後に UDCKのツアー説明を受けたテーブルを囲んで、用意していただいたお茶を飲みながら、談笑をするというのも楽しかったです。

一緒に走った方は、セグウェイに乗るのがはじめての地元の方でしたが、いつもの景色がちょっと違う景色に見えたということでした。これは「パーソナルモビリティによる警備」でも記したとおり、視点が高くなることで普通なら見ることができない景色が広がっているんですね。いつも見ているなにげない景色を違った景色で見れるのもセグウェイツアーなんです。

開催回数が少ないのが残念ですが、セグウェイクラブの皆さんに囲まれて乗るあたたかみのあるツアーはおすすめです。ぜひ、参加してみてください。予約の際は「SegTabi.comを見ました」と合言葉を忘れずに!

2016年7月時点 2時間30分 5,000円 予約申込サイト http://kashi-robo.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(3)
この記事をお届けした
SegTabi.comの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!