セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(1)

柏の葉

十勝千年の森の途中ですが、新しい公道ツアーに参加してきたので、先に報告しますね。

セグウェイキャンパスツアーin柏の葉とは

秋葉原からつくばエクスプレスに乗り、約30分のところに、柏の葉キャンパス駅という駅があります。

この駅前を起点〜終点とする公道を利用したセグウェイツアーが先週土曜日、2016年7月16日からスタートしました。

都心からも近い場所でのツアーということで、SegTabi注目のツアーです。

東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト

セグウェイ受付のUDCKがある東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト

柏の葉キャンパスとは

なぜ、柏の葉でセグウェイツアーが行われるようになったか?については、背景を知っておくと面白いと思います。

このあたりは戦後はアメリカ空軍通信基地が設置されていた場所で、1979年(昭和54年)に全面返還されてから開発が始まった新しい街です。

2005年につくばエクスプレスが開通し、柏の葉キャンパス駅が開業すると、駅前のアーバンデザインセンター(UDCK)を拠点施設に、千葉県、柏市、三井不動産、千葉大学、東京大学などを軸とした「公・民・学」連携による最先端の都市、スマートシティとして街づくりが行われています。

柏の葉

柏の葉キャンパス駅前

このスマートシティ柏の葉キャンパスは、新たにつくられた街のため、立ち乗りモビリティの公道ツアーの基盤としていちばん難しい条件になる歩道(*)がしっかりと整備されています。【*概要:幅3m以上の歩道が整備されており、その歩道上を立ち乗りモビリティが走ること】

だから、セグウェイツアーが開催できたわけではありません。この新しい街づくりの一貫として、次世代交通を考える取り組みが住民参加で検討されたそうです。その中でセグウェイが注目され、2010年に柏の葉セグウェイクラブが発足。地域各所での試乗会、柏の葉公園や千葉大学構内でのセグウェイツアー開催などを経て、街にセグウェイが定着していました。

新しい街に歩道とセグウェイ、2つの要因がそろい、ついに公道ツアー開催に至りました。偶然なのか、必然なのかわかりませんが、街づくりに興味を持つ身としてはとても素晴らしい話と思います。これが発展して、ほんとうにサスティナブルな交通機関ということで、セグウェイのシェアリングが始まるといいですね。

次回は公道ツアーの様子について書きたいと思います。

セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(2)
セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(2)
受付と説明 受付は駅近くの柏の葉の街づくりの拠点、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)です。 ここで受付をしたあと...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

セグウェイキャンパスツアーin柏の葉に行ってきました(1)
この記事をお届けした
SegTabi.comの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!