祖谷(いや)の落合集落(2)

奥祖谷の落合集落

茅葺き民家「晴耕(せいこう)」でのステイ

旧落合小学校内にある桃源郷祖谷の山里受付事務所で受付手続きをして、スタッフの方の車に先導してもらい、今夜泊まる「晴耕」まで案内してもらいました。「晴耕」までの道は、ゆっくり10分ほどの道のりでしたが、細く勾配もあり、小回りの利くレンタカーのパッソでも2ヶ所もバックをして切り返さないと曲がれない路地があるような山道です。

桃源郷祖谷〜晴耕

桃源郷祖谷〜茅葺き民家「晴耕」

到着すると立派できれいな茅葺き民家がありました。茅葺き民家に入ってみても、完全にリノベーションされており、あまりにきれいな民家で驚きました。

夕陽の里

また、谷を挟んで目の前にみえる夕日に染まる集落も疲れたこころを休ませてくれる癒やしの景色でした。これだけですっかりこの古民家を気に入りました。

どのような設備?

ダイニングテーブルとテレビ

囲炉裏

奥には居間として囲炉裏もあります。調理はできませんが、500円で炭を買って、囲炉裏を囲むことも可能です。炭と一緒に着火剤も一緒に用意してくれるので火起こしも安心です。

囲炉裏でワインを飲みながら

夜は囲炉裏のまわりでゆっくりワインを楽しみました。

IHキッチン

冷蔵庫など

キッチンはIH調理器があり、冷蔵庫、電子レンジやトースターなども。ミネラルウォーターも用意されていますが、蛇口をひねったお水が美味しいので必要ないかも。

調理器具

IH調理器の下には調理器具が収納されており、鍋、フライパンだけでなく、炊飯器やカセットコンロなどもあります。もちろん、お皿やお椀も用意されていますよ。

トイレ

風呂

バス・トイレは分離しており、お風呂はきれいですし、トイレもウォシュレット付きです。水回りにはしっかりした洗濯機もあり、長期の旅行中の洗濯も可能です。

こんな感じで、設備は文句なし。居心地はとても良かったです。

この茅葺き民家は

宿に置いてあるリーフレットやウェブを見ていて、だんだんこの茅葺き民家の宿の状況がわかってきました。

ここ徳島県祖谷、長崎県の小値賀(おぢか)、奈良県の十津川村と、いろいろなところで古民家を核にした地域再生プロジェクトを手がけているアレックス・カーという人が三好市と組んで進めているプロジェクト、それも公共事業としてのプロジェクトだということなどです。詳しいことはこれから勉強してみたいと思いますが、ほんとうに面白い試みと感じました。

翌日、落合集落を眺めることができる谷を挟んで反対側の中上展望台にいってみました。冒頭の写真はそこで撮った写真ですが、ここは立派な町おこしができる場所なんですね。この集落の坂ならSegway X2あたりで登れるのではと思います。少し難易度が高いコースになるかもしれませんが、散策するにはセグウェイは面白いと思います。こういった田舎の公道は特例にならないかなと思いつつ。

私が泊まった古民家は中腹部の右端。まだまだ上の方にも集落があります。次は上の方に泊まってみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

祖谷(いや)の落合集落(2)
この記事をお届けした
SegTabi.comの最新情報を、
いいねしてチェックしよう!