2017年の乗り納めはセントレアで

ボーイング787初号機(ZA001)の展示施設、愛知県の国際展示場、ホテルなど大型の建設が続くセントレア。屋外のスポットに置かれていたZA001が、公道を横断して展示施設へ移動したのはニュースでも報じられていました。そんなセントレアで今年のセグウェイ乗り納めをしてきました。

ベトナム航空 A350 セントレアに初就航

この日はベトナム航空のハノイ便が多客期運送で通常のエアバス A321(203席)からエアバスの最新鋭機 A350(305席)に機材変更されていました。セントレアに A350が来るのは始めてということで、たくさんの人が朝早くから見に来ていました。そんな日が、今年のセグウェイ乗り納めの日に。A350の離陸を見てから、セグウェイを楽しみました。

東南アジアへ向かう飛行機は、たいてい滑走路を目一杯使って離陸していくのですが、A350は滑走路の半分ぐらいで、ふわっと飛び立ちました。それだけ機体が軽く、燃費もよいということなんでしょうかね。

このベトナム航空の A350は、このあと2018年1月3日(水)と3月25日(日)~4月8日(日)にも飛来予定です。セグウェイとセットでいかがですか?

ボーイングの最新鋭機 B787の初号機は

もう一方のジェット旅客機メーカー、ボーイングの最新鋭機 B787の初号機 ZA001はセントレアにボーイングから寄贈されていますが、その展示施設の建設がかなり進んでいます。ツアーはこの施設の建設の様子を見るツアーになりました。

冒頭に書いたとおり、ZA001はすでに展示施設に移動されています。まだ展示施設の外壁は完全に囲われていませんでした。そのため、壁越しに ZA001の様子を垣間見ることができました。

飛行機の見える丘の方から

ZA001が見えました!

小窓からはエンジンが見えます。右側のウネウネは B787ですね!

格納時には全開だったはずの部分はもう格子がついていました。尾翼は養生シートが被されていました。

この日はDREAM LINERのロゴもばっちり!

格納の際に使った公道部分のガードレールは復旧しており、導入路の舗装は奥側はそのままのものの手前側はすでに剥がされています。

立体駐車場側から

反対側の立体駐車場から見た様子です。

ZA001の操縦室を見ることができました。ちょうど2階フロアの目の前が操縦室のようです。

その他の施設の建設状況

愛知県国際展示場の建設の様子です。前回10月のときより杭打ちの機械が少なくなっており、基礎工事の終盤になっているのかと思います。

セントレアホテルの新館です。骨組みはほとんどできている状態ですね。

現在の建物と新館の間は少し空間がありました。3階のフロント階だけつなげて独立した建物として使うんでしょうかね?

駐車場から見てコンフォートホテルの奥には、フォーポイント・バイ・シェラトン名古屋 中部国際空港の骨組みが見えてきました。写真は無いですが、この手前の東横インの新館はすでに外側は出来上がっている状態でした。

すでにオープンしていますが、空港ターミナルから管制塔方向へ少し行ったところに、ペットホテル「セントレア スカイペットホテル」ができています。こちらは旅行中にペットを預かってくれる施設です。ペットの入る各部屋にはカメラがついていて、旅先からペットの様子を見ることができるとか。

エアアジア・ジャパン飛んでます!

札幌との間でエアアジア・ジャパンの運航が始まっています。この日も日の丸ほっぺの赤い飛行機が飛んでいました。札幌からのSegTabiがしやすくなりましたよ!

(2017.12)

セントレアのツアーで工事の様子を見てきた
セントレアのツアーで工事の様子を見てきた
同じ時間帯は他に予約が入っていましたが、リピーターツアーということで、それらの方とは別にターミナル、スカイデッキと「FLIGHT OF DREAMS」などの工事の様子を見て回るコースになりました